資産運用をはじめたいなら海外FXの口座を作ろう

FXを国外で楽しむ

グラフ

国内にないサービスの魅力

海外FXの魅力は、日本国内の業者では法律的に不可能なサービスを提供している事があげられます。日本では現在、口座残高の25倍までのレバレッジが許可されています。対して海外FXの口座ではプランや業者によって違いがあるものの、800倍を超えるようなレバレッジでの取引が可能となっています。少額投資で大きなリターンを求めるのであれば国内の業者では難しい取引となりますが、海外の取引では大きなリターンが可能なのです。このような理由から、口座を海外で開設して取引を行うトレーダーは数多くいるのです。海外FXの取引ではすべてが都合よく取引出来るわけではなく、当然ながらデメリットも存在します。手数料に値する「スプレッド」が特に際立っていて、国内業者と比べると1回の取引にかかる手数料はレベルが違います。国内の最低水準をうたっている業者でスキャルピングを行っていたトレーダーが海外FXで同じ手法を行うと、手数料の大きさで利益が出せない又は、勝っているはずなのに資金が減ってしまうといった現象に陥る可能性があります。そんな大きなデメリットを抱える海外FXでも利用者は後を絶ちません。つまり、それだけ大きなメリットがあるからと言えます。スプレッドが高くなるデメリットを超えるメリットとして上記で紹介したハイレバレッジに加え、残高が0円になったと同時に強制的にポジションを売られてしまう強制ロスカットがあります。このシステムで後から追加請求される事がなくなるので前向きに攻めていけるところがデメリットを超える大きなメリットとなるのです。海外口座にしかない利点を最大限に利用した時の恩義はデメリットを大きく凌駕していると言えるでしょう。