資産運用をはじめたいなら海外FXの口座を作ろう

金融資産としての位置づけ

模型

リスク意識の重要性

世界的な低金利時代が継続しており、金融機関に貯蓄をしても金利がほとんど期待できません。海外では株で運用しているケースが日本よりも多くなっています。株で資産を運用する際にはリスクを認識する必要があります。株式の購入を初めてする際には証券会社の入門者向けのセミナーを受講することは有効です。株式の入門コースでは株式購入に伴うリスクについて詳細に説明を受けることが出来ます。最近は入門者が購入しやすい投資信託も幅広く用意されておりますので、選択しやすくなっています。以前から資産は3分割で保有することが最適とされており、株式は不動産と同様に重要な位置づけとなっております。不動産は金額が大きく、リスクが高いので最近は不動産投資信託の形で市場に上場されて小口でも取引をされるようになっておりますので、不動産の入門者も証券会社のセミナーで同時に説明を受けることが出来るようになっています。株の取引には手数料がかかりますが、証券会社での対面取引よりもネットでの取引のほうが圧倒的に手数料が安くなっているので、入門者でも少し慣れたら、ネット取引に変更することはメリットが大きくなっています。株の売買や配当には税金がかかりますが、NISAの制度を使用すると一定金額までは課税されない様になっています。NISAは毎年活用することが可能な制度ですので、長期的に保有するケースでは大きなメリットを享受することが可能ですので、検討する必要があります。